カート

日本の性感染症・郵送検査センター「野村検査研究所」精度はもちろん、検査スピードに自信があります。

郵送検査に関するお問い合わせは

06-6121-6603

平日09:30〜18:00(土日祝は除く)

キットの使い方

HOW TO USE

のど・尿の採取

自己採取キットpdf
自己採取キットpdf

採血手順

  • Step1

    手を洗い、しっかり乾かして、採血をする指先に指シールをしっかりと貼る

  • Step2

    指先を机の上に置いて固定して、ランセットをしっかりと押し当て穿刺をする

  • Step3

    指先を3方向からゆっくりと押して、できるだけ大きな血玉を作る

  • Step4

    採血チップの先端を真横から血玉にあてて、採血線まで血液を吸引する

  • Step5

    採血チップを容器に戻し、上下逆向きに3回ずつスナップ混和する

上手な採血のポイント

  • しっかり貼る

    指先に湿り気があると、血液の押し出し時に採血テープが剥がれる恐れがあります。
    しっかり乾かしましょう。

    01

  • 指を固定して穿刺

    血を押し出す時は、採血指の第一関節を親指で抑え、指先を両横からゆっくりと押します。全部の指静脈が抑えられて血液が出やすくなります。抑えた指を離すと、指先に血流が戻るので、また3方向から指静脈を抑えてゆっくり押し出します。

    02

  • 3方向から押し出す

    この動作を何回か繰り返して、採血テープの穴にできるだけ大きな血玉を作ります。血玉ができないうちに吸引を繰り返さないようにしてください。

    03

  • 真横から吸引する

    採血チップの先端は、真横から血玉に充てます。
    通常は2〜3回の押し出しで採血線まで血液が吸引でき、血液にストレスをかけずに良質な血液試料を作成できます。

    04

トリコモナス(塗抹)検査採取方法

  • キャップ付き綿棒(青色の柄)を袋から取り出します。
    (このときにスワブの先の部分が何も触れないように注意してください。)

    01

  • 膣口を露出できるリラックスした体勢をとりキャップ付き綿棒を楽に挿入できるようにします。

    02

  • 膣内にキャップ付き綿棒を約4cm程度静かに挿入し、挿入したまま、7回ほど回転させて、腟分泌物をぬぐい取ります。

    03

  • 希釈液の入った容器(下が黒色)の蓋を開け、検体採取をしたキャップ付き綿棒を検体希釈液に浸します。その後、青色のキャップをしっかり閉めます。

    04